日没マシンガンズのブログですってよ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みなのにカウチポテトの諸行無常

<<   作成日時 : 2006/08/05 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも、キムです。
最近、休みはあるけど、天気が悪いやら、お金が無いやらでDVDばーっか観てましたので、その感想でーす。なんかベタなチョイスばっかりね。あぁ引きこもり。

キルビルVol.1
映画オタクが金かけて創った、万人向けオタク映画、だと思う。なーんかオタク臭さが鼻に付くが、それの処理が上手いですね。だからヒットしたんでしょーね。深作欣二監督に捧げる、とか勝新太郎よ安らかに眠れ、とか、イチイチウルサイですw が、それが心地よい。殺陣のアラを見せない処理とか上手いし。末端斬り(足とか手とかばっか狙う)がサムライファイトっぽくないとかが、ちょっぴりアレですが、そこぐらい?アニメシーンに有名声優(緑川光とか)使う姿勢は、ゲドナントカとか、ブレイブナントカには見習ってほしいですね。あと、字幕でみると日本語がどうにもヘンテコなので、吹き替えの方が楽しめました。
仰々しく、バカバカしく、ちょっぴり悲しいバカ映画。あー、おもしれー。

プライベートライアン
ド迫力の戦闘シーンに度肝を抜かれ、アホウの如く口あけて観るばかり。どんな感想も無くスゲーなー、と。ストーリーも教訓も、銃声にかき消されてしまいました。やたらに死ぬから、ホラーでもないのに、こいつ死ぬかなー、と気が気でないw

ミリオンダラーベイビー
ハードボイルドですなー。嬉しいことも、悲しいことも、ひっくるめて淡々と人生は流れていきます。ハッピーなことと同じぐらいアンハッピーがやってきて、なんとも無常。観たあとに渋ーぅい顔でそのまましばらく暗い画面を見つめてしまった。重い。
イーストウッドは佇まいがもう、カッコいい。イーストウッド映画にハズレなし、ですね。

ターミネーター3
なんかこれは、前作のセルフリメイク版ですね。無駄に豪快なアクションシーン。ストーリーとかエンディングとかどーでもいいです。ただ、オネーチャンターミネーターが女を武器にしなかったり、殺人シーンは望遠で直接見せない、とにかく人殺さない、ターミネーター同士のド付き合いも、残酷さゼロの、ファンタジーのモンスター同士の戦いみたいで。つまりお子さんにも安心して見せられるディズニー的なおとぎ話だったですな。これは政治家へと進もうとしていたシュワちゃんが、残虐シーンの映画なんか創ってられない、ということだろーか。シュワちゃんターミネーターが理屈っぽいしエラソーなのも、リアルでの立場が影響しているんでしょうか、などと勘ぐるほど、平和な映画だったね。
アクションシーンの無駄さは良かったけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏休みなのにカウチポテトの諸行無常 日没マシンガンズのブログですってよ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる